Awabi ware 界隈  ー陶芸家の日々のことー

awabiware.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 03日

個展開催です。4/8~岡山-ハーフロータスにて

柔らかな光を感じさせる、
春の青磁茶碗ができました。

筍ご飯をふんわりよそいたくなる、楚々とした雰囲気です。

最近お気に入りの、珉平焼の豆皿を箸置きに。

8日から始まる、岡山のハーフロータスさんでの個展に出品予定です。

ひとつひとつ違う味わい、是非お手に取って見て頂きたいと思います。


c0286706_19365704.jpg
c0286706_19371035.jpg

[PR]

# by awabiware | 2015-04-03 19:38 | Awabi ware(あわび焼) | Comments(0)
2015年 03月 30日

新玉ねぎ

朝早く、「岡本さーん」と玄関から呼ぶ声が、布団の中の僕。いつもスミマセーン。。。
畑を借りている地主さんから定期的に届くお野菜。今が旬の新玉ねぎに限っては、5日間隔で食べ終わった頃に、何度も届きます。
畑を借りて、自給自足なんて言ってたけれど、そんな肩肘張らずとも、自給的な生活があったりして。
淡路島、玉ねぎはこれからが旬ですよ。
そんなのだから、うちの畑では、数種類の好物の作物だけを植えています。ビールに合うものを。
c0286706_23172400.jpg
c0286706_23174395.jpg

[PR]

# by awabiware | 2015-03-30 23:18 | 畑の贈り物 | Comments(0)
2015年 03月 26日

額装職人と子供たち

淡路市学童でのものづくり体験事業。
今回は額縁職人の加藤さんをお呼びして、先月作った青焼写真を額装しています。
長い厚紙に思い思いに装飾していきます。額縁を作る技法を応用しているので、最後はしっかりと、額装した作品に仕上がりました。

淡路島に住む職人さんや、農家さん、デザイナー、瓦屋さん、陶芸家、音楽家、などなど、みんなのお仕事と子供たちがつながります。
ワークショップの経験がない講師がほとんどですが、そんな人たちのスキルを応用して、新しい学びの場になれば面白い。
大人も真剣に考えます。何を伝えたいのか。でも大人が学ぶことも多いです。
皆さん、何かできることありませんか?
来年度は、二校に増やして継続する計画です。
アイデアお待ちしています。

c0286706_14065064.jpg
c0286706_14072027.jpg
c0286706_14073807.jpg
c0286706_14075351.jpg
c0286706_14081557.jpg




[PR]

# by awabiware | 2015-03-26 14:09 | 淡路島美術大学 | Comments(2)
2015年 03月 20日

初収穫

春ですね〜。
三年目にしてアスパラ初収穫。味濃くて美味しいです。しかし、株の半分が消滅していました。どこに行ったのだろう。
季節になると出てくる、アスパラやニラ、アサツキなどなど、ほっとけばほっとくほど、香りが強く美味しい気がします。

c0286706_08453389.jpg

[PR]

# by awabiware | 2015-03-20 08:47 | 畑の贈り物 | Comments(0)
2015年 03月 15日

さくら さくら「お花見日和」展に参加します。in大阪肥後橋

三月後半からの企画展のお知らせ
さくらさくら「お花見日和」に参加します。
c0286706_21201044.jpg


あわびウェアは桜色の新色の器他、春らしいセレクトで参加します。

場所/暮らしの道具と和の歳時記 hitofushi
  大阪市西区京町堀1丁目12-28壽会館ビル1階
日程/3月28日(土)~4月13日(月)
c0286706_21144247.jpg



電  話/06-6225-7675
営業時間/11:00~19:30
定 休 日/日曜・祝日 その他不定休
hitofushiさんのブログ↓
http://blog.hitofushi.shop-pro.jp/?eid=666070

※会期前日と最終日は16時閉店
※3月31日はイベントのため13時に開店いたします。
桜の季節をお楽しみくださいませ・・・

出品者
・Awabiware/桜色の器とやさしい色合いの器たち
・色とリズム/山桜で染めたコモノと春色ストール
・OKAPI/桜色をほどこしたキャンバストート
・工房筍/お花見弁当箱
・むぎわら食堂/桜の焼き菓子
・若波酒造合名会社/福岡特産あまおう苺の紅茶
ほか
============

暮らしの道具と和の歳時記 hitofushi さん展覧会メッセージ
ーーー

桜は、春になって山からおりてこられた
田の神様が宿る木。

咲き方でその年の収穫を占ったり
咲く時期をみて種もみを蒔く準備をしたり。

そんな桜が満開になると、里山では豊作祈願としてお花見が催されました。

お花見はにっぽんの伝統的な行事の一つ。
豊かな一年を願いながら
穏やかに桜を眺めてみませんか。
[PR]

# by awabiware | 2015-03-15 21:23 | Awabi ware(あわび焼) | Comments(0)