<   2014年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2014年 02月 27日

味噌作りぽーと

オトナの水疱瘡、気力も体力も落ちてショボンとなっていましたが、
ブツブツも治って来て体も快調、色々なやる気を取り戻し、
先延ばしになっていた味噌作りに、早速取りかかりました。

c0286706_19593712.jpg

今回は、米味噌(右)と麦味噌(左)が約半々で、合わせて40kg弱の仕込み。
2日間にわけて行ないました。

淡路のものは揃わなかったので、大豆は大分県の自然農のもの。
塩は、米味噌が極楽塩で、麦のほうはカンホアの塩。良く使う美味しいお塩です。

c0286706_19594558.jpg

普段あまり使われず、土間で寂しそうにしていたロケットストーブ君。
君の出番だよ!

c0286706_19594254.jpg

良い感じにグツグツ、頑張ってるロケット・・・。

c0286706_19594799.jpg

今回、初めて麹屋さんに連れて行ってもらい、
五分つきに精米したお米を持ち込みで、五分つき米麹にしてもらいました。
以前、共麹作りに失敗して、自分で作るのにはひるんでいたのですが、
こんな素敵なことができるなんて・・・、
これに味をしめて、これからもお願いする気がすごくします。

c0286706_19594053.jpg

重石をして、保存食部屋に。美味しくなるまでお眠りです。

おいしくなあれ、おいしくなるなる、かわいいかわいい、ぜったいぜったい、
おいしいおいしい・・・おいしいなあ、おいしいね・・・etc

重い思いをして、一人味噌を運びながらブツブツ念を込めます・・・、
見た目もちょっと怖いけど(水疱瘡あがりで)、
この思い、味噌に届きますよーーーに・・・!!
[PR]

by awabiware | 2014-02-27 21:29 | Comments(0)
2014年 02月 21日

キュウタロウ、小学校へ行く。

早いもので、玖太郎は、春からもう小学生です。

行く予定にしていた小学校が、先月、急遽変わりました。
学区外の、人数多い小学校から
学区の、人数少な〜い小学校へ。

なんだか気になって、先月玖太郎と軽〜い気持ちで、近くの小学校を見に行ったら、
のびのびした温かい雰囲気と、優しい先生方、運動場の向こうに海が見渡せるロケーション。
抜群の環境に、玖も私も一目惚れ!

すぐに「僕、この小学校に行く」と、キュウタロウ。

ここは地域的に子供の人数が少なく、現在全校生徒38人。
なんと、新入生は玖太郎ただ1人(!)なのです。

でも本人はそんなことは全く気にしていない様子。
今の保育園のお友達と離れることも。

2年生との複式クラスになるそうで、大好きなお隣のさくや君と同じクラスになることも
大きな楽しみになっているようです。
他にも、近所のお兄ちゃんやお姉ちゃんがいることも心強く。

親としては、引っ越して来た時、地域に同学年の子がいないと分かっていたので
初めから遠い保育園&小学校にしていたのですが、
やっぱり地域の子供達の中にスッと入っていけるのが、見ていて良いなと思います。

年齢は気にしなくても、縦割り班で、1年生から6年生まで皆仲良しのようで、
それもすごく良いな、と思うのです。
校長先生や他の先生方、近所の方達も、玖の入学をすごく喜んでくれています。

考えるより、このようにインスピレーションでスパッと決まる事って
たいていうまくいくと経験上思うので、1人1年生、きっと大丈夫です。

c0286706_1941544.jpg

先日その小学校で、1日体験。
(この学校、クラスに窓やドアがなくて、アメリカ式にオープンな教室なのが特徴的です。)
学校全員、皆大歓迎してくれました。

皆から、お手紙やプレゼントをもらって、終始嬉しそうなキュウ。
たった1人の新入生体験は、本当に楽しかったようです。
[PR]

by awabiware | 2014-02-21 00:00 | 日々のこと | Comments(0)
2014年 02月 18日

水疱瘡とお手当

ただ今、母ちゃんである私は、大人の水ぼうそう真っ最中です。

先月末に、キュウタロウが水ぼうそうを発症、
その1週間後にヤエが発症、
その1週間後に、まさかの、私。

今まで、罹っていなかったようで、
「かかりませんように・・・!」
「以前スペインで、全身に発疹と熱でて辛い目にあったから、あれがきっとそうでありますように・・・!」
という願いも空しく、
熱は40度までグングン上がり、頭はぐらんぐらんに痛く、
顔にも体にも星の数ほども発疹が出て(ショック!)、
久しぶりに丸二日間寝込みました。

子供たちの時のお手当には、琵琶の葉の煎じ汁をつけたり、
ご飯は植物性のなるべく優しい食べ物を中心にしたり
甘い物やパン等も止めて、梅醤番茶も積極的に飲んでもらったり・・・、

と、そんな感じで早く過ぎて行ってもらうよう祈っていたら、
2人とも幸いに軽く済んで、良かった反面、
自分のお手当は、ちょっと大変に感じました。
体に溜まっていた悪い物の量が、子供とは違います。

確かに最初の2日間は苦しみましたが、その山を越えてからは徐々に回復へ。
今日4日目で、頭痛は少しあるものの平熱、水疱もカサブタになってきています。
水疱には、とりあえず家にあった琵琶の葉エキスを塗っておくとカユミがおさまりました。

家族ぐるみで仲良しの自然食品店の浜田さんには
今回も本当に助けてもらいました。
優しい励ましとお手当のアドバイス、浜田お母さん差し入れの玄米クリームのパワー!
1人でフラフラしながらも、支えてもらえていたので
第一大根湯を作り、しいたけスープや玄米スープを作って、乗り越える事ができました。

もちろん、私をゆっくり寝させるために、子供を仕事場に連れて行ってくれたり、
遊んだり、料理をしてくれる夫にも、
ニコニコと笑って元気をくれる子供たちにも感謝です。

周りにたくさん感謝ができて、体が求めている食べ物がわかって、
体の大掃除もできて、
時にこういうのも良いものだなあと、思います。

ブツブツの跡さえ残らなければ・・・。
[PR]

by awabiware | 2014-02-18 16:05 | Comments(2)
2014年 02月 10日

釜口会で新年会

先日ご近所さんで作っている、異業種異年齢だけど、時々何か持ち寄って飲んでだべって楽しいね、の会。通称「釜口会」で新年会がありました。

場所はいつもの、オーシャンビューのお洒落な会長(美容室エイチ・エアー)ハウスで
太っ腹な会長が、いつも皆に贅沢な程たっぷりとアルコールを用意してくれるので、
皆、心配せずに、図々しくもめいいっぱい美味しいお酒を飲む、最高の会なのです。

c0286706_17152477.jpg

最高の会、始まりのとき。
(気づけば、淡路では皆で食べるときは、いつも持ち寄り。持ち寄りって楽しい。)
この後、穫ってきた鯛のお刺身や、手作り釜口マークのどらやき、
イタリア料理の、ベッキアさんの何とかって言う合鴨のお料理も登場し、皆歓喜。

今回は最近、近所の古民家に引っ越して来て、めでたく我が家と同じ町内会になった
やす君&ちえちゃんカップルもメンバーに加わり、さらに楽しい感じになってきました。

こんな小さな地域に、面白い人達がわらわらと集まってきて、
本当、不思議なご縁にめぐまれて、感謝です。

そういうこともあってか最近は釜口のこと、この今住んでいる地域って、どんなところなんだろうと、
目が向いて来ています。
[PR]

by awabiware | 2014-02-10 17:38 | 日々のこと | Comments(0)