「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2013年 11月 25日

「穏やかな家」出品作家紹介

「穏やかな家」出品作家の紹介です。

今日は、陶器作家の安達健さんです。

岐阜で作陶に励む安達健さんは、
掘り出したままの粘土である原土(げんど)を好んで使います。

c0286706_2013993.jpg



素材と親密に対話をするように作る安達さんの器は、
土が悠久の時間をかけて生成されて来た歴史を感じさせます。

成形した土に灰を被せて焼成するという、陶芸ではあたり前の行為を、
改めて自分で発見するかのような制作の姿勢は、
焼き物を発見した原始の時代の人を思い起こさせます。

c0286706_20132318.jpg



展覧会「穏やかな家」では、時間の流れがひとつのテーマになっています。
日常とは違う時間の流れ方を感じる方もいるかもしれません。
また、器や作品を見て、それらに宿る時間を感じることができるかもしれません。

12/1には「お茶の会」という抹茶を楽しむイベントもあります。
会場に来て、いつもと違う時間感覚をお楽しみ下さい。

c0286706_2031312.gif


穏やかな家website

http://awajibidai.net/2navi_odaie01.html

[PR]

by awabiware | 2013-11-25 20:33 | 展覧会「穏やかな家」 | Comments(0)
2013年 11月 24日

「お茶の会」開催12/1

「穏やかな家」関連イベント
<お茶の会>を開催します。12/1(日)13:00〜

お点前は、庵原涼子さん
お若く見えますが、お点前には年期が入っています。

普段着のままで、美味しいお抹茶とお菓子をお楽しみ下さい。
なんと!参加無料。お茶碗や空間など、ほかにも見所もいっぱいです。

c0286706_22123194.gif


「穏やかな家」は、展覧会会場自体が、お茶室のような機能を果たします。
あわび入口から露地を抜けてもう1つ門をくぐって展示会場に向かっていく様は、
少し変わった市中の山居のようです。

抹茶を飲んだことがない。とか、作法が分からない。とか、そんなことは気にしないで、
普段着のまま、ご来場下さい。きっとそれぞれの楽しみ方が見つかるはずです。


アクセス情報
http://awajibidai.net/access.html


「穏やかな家」
http://awajibidai.net/2navi_odaie01.html


あわびウェアのサイトはこちら
http://awabiware.net/
[PR]

by awabiware | 2013-11-24 22:25 | 展覧会「穏やかな家」 | Comments(0)
2013年 11月 21日

「雑貨屋 soraji」にて、展覧会のお知らせ◎

「Awabi ware」出品情報

11/22〜26大阪豊中にある「雑貨屋 soraji」にて行なわれる展覧会に参加しています。
とても可愛いらしいお店で、展覧会はお茶の時間が楽しくなるようなアイテムが揃っています。
お近くの方は是非お立ち寄り下さい。

http://soraji2006.exblog.jp/
http://www.geocities.jp/soraji_2004/

c0286706_22165687.jpg


c0286706_22165918.jpg


<Cha-Cha-Cha>
お茶の時間を楽しむ3つの方法
2013.11.22(Fri)ー11.26(Tue)
11:00-17:00

お店の情報+++
「雑貨屋 soraji」
大阪府豊中市西緑丘2-4-16
TEL 06-6850-7207
通常open  火、金曜日の10-16時
c0286706_2217186.jpg


Photo BY soraji


**********************************************

現在あわびでは、器と家具の展覧会「穏やかな家」を開催中です。
会期は12/23までの土日祝です。


c0286706_22191958.gif



12/22,23には東京で密かに話題となった演劇プロジェクト「アトレウス家」の上演が行なわれます。

詳しくはコチラ、
http://awajibidai.net/2navi_odaie01.html
[PR]

by awabiware | 2013-11-21 22:21 | Awabi ware(あわび焼) | Comments(0)
2013年 11月 20日

「穏やかな家」出品作家紹介

現在あわびでは、器と家具の展覧会「穏やかな家」を開催中です。

現在、数回に分けて出品作家を紹介しています。
今回は淡路島で楽久登窯として活動する陶工・西村昌晃さんです。
本展では、蓋物を中心に出品してもらっています。

c0286706_203797.jpg


c0286706_20363823.jpg


c0286706_20363084.jpg



西村さんは、民窯を代表する丹波立杭で修行後、淡路島に築窯しました。
土づくり、釉薬づくりと淡路島で採取した原料を使って堅牢な器づくりに励んでいます。
彼は、器を媒体に全方位的に活動する仕掛人でもあります。
そんな活動の全貌は、こちらからご覧頂けます。
http://rakutogambook.jugem.jp/

c0286706_20361154.jpg


民藝の地で修行をした楽久登窯の器には、懐かしさとともに穏やかさも内在しているように思います。


現在あわびでは、器と家具の展覧会「穏やかな家」を開催中です。
会期は12/23までの土日祝です。

c0286706_20593550.gif



12/22,23には東京で密かに話題となった演劇プロジェクト「アトレウス家」の上演が行なわれます。

詳しくはコチラ、
http://awajibidai.net/2navi_odaie01.html
[PR]

by awabiware | 2013-11-20 08:43 | 展覧会「穏やかな家」 | Comments(0)
2013年 11月 19日

灯しびとを終えて。

16日、17日の大阪堺にておこなわれたクラフトフェア「灯しびとの集い」は、お天気にも恵まれ、
大勢のお客様が来場されて、とても良いイベントになりました。

このような大きなイベントの成功の裏には、ボランティアスタッフさんや、色々な方々のご尽力があり、
細やかな気配りがあり、本当に頭が下がる思いです。
ローカルな淡路で活動しているだけでは出会えない人達と、一気にたくさん出会えるこのような機会は、
楽しくて、嬉しくて、有り難くて、有り難くて、有り難いのです。

おかげさまでAwabi wareのブースも賑わいました。
見てくださった方、お買い上げくださった方、どうもありがとうございました!
ご期待に応えるためにも、もっと気を引き締めてがんばります。

今日はあわびで片付けをしつつ、灯しびとで頂いた美味しい差し入れを前にニヤつき、
穏やかな家の住人となってしばし至福のブレイク♥

c0286706_22555396.jpg

Mちゃんからもらった可愛いパッケージの中は

c0286706_22555772.jpg

天然酵母パンのシュトーレン!栗入り!わお!

c0286706_225605.jpg

お世話になってるIさんは、東京からご来場。美味しい落花生を〜〜。





[PR]

by awabiware | 2013-11-19 22:56 | Awabi ware(あわび焼) | Comments(0)
2013年 11月 16日

「ソトコト」「クーヨン」に掲載されました。

今月5日に発売された、月刊誌「ソトコト」12月号にAwabi wareが紹介されました。
c0286706_2246634.jpg

ソーシャルなお買い物というページに、「未来につなげる現代の民芸品」として
素敵な写真、文章とともに載せてくださっています。
こちらはいつも、国内の食べ物やクラフトやお洋服、生活用品など魅力的な商品が紹介されているコーナーで、
そこに並べて頂けるなんて、有り難い限りです。

c0286706_2246918.jpg

今回は、コミュニティデザインの特集。私が以前携わっていたお仕事がまさにそうなので、
これからの新しい社会、暮らし方、場所づくり、などなど、とても興味深かったです。
ほかにも面白い記事が色々と載っているので、ご興味あるかたは是非ご覧ください。


また、同じく5日に発売された月刊誌「クーヨン」12月号にも、ちょこっと展覧会の紹介をして頂いています。
c0286706_22461253.jpg

おすすめの映画、音楽、イベントなどが載った情報ページに、他の魅力的な記事に囲まれて
淡路のあわびの「穏やかな家」が。。。
大好きなクーヨンに紹介して頂けて、とっても嬉しいです。

c0286706_22461448.jpg

今回は「おうちでできる自然療法」がメイン特集。
相変わらず魅力満載の内容で、小さなお子さんがいらっしゃる方向けの、にっこりほっこりできる1冊です。











[PR]

by awabiware | 2013-11-16 23:55 | Awabi ware(あわび焼) | Comments(0)
2013年 11月 15日

いよいよ堺クラフトフェア「灯びとの集い」

いよいよ堺クラフトフェア「灯びとの集い」
明日からです。

今回は、輪花皿のカラーバリエーションを増やしました。
是非手に取って、ご覧頂きたいので、堺まで足をお運び下さい。

遠方の方は、アイテム数は少ないですが、オンラインショップで購入可能になりました。
こちらも是非ご覧ください。
あわびウェアオンラインショップ
http://awabiware.shop-pro.jp/

こんな器たちを出展します。

c0286706_21554884.jpg


c0286706_21555361.jpg


c0286706_21555582.jpg


c0286706_21555991.jpg


c0286706_2156141.jpg


c0286706_2156272.jpg


よろしくお願いしますー。

現在、淡路島にある「あわび」では穏やかな家をテーマに展覧会を開催中です。こちらもおすすめです。
http://awajibidai.net/2navi_odaie01.html
[PR]

by awabiware | 2013-11-15 21:59 | Awabi ware(あわび焼) | Comments(0)
2013年 11月 15日

「穏やかな家」作家紹介と「灯びとの集い」

今週の土日は、あわびで「穏やかな家」開催してます。
また、大阪で堺クラフトフェア「灯びとの集い」に出展します。

「灯びとの集い」には、穏やかな家にも出品中のスタジオキイ・梅本さんも出展しています。

和歌山で制作されている梅本さん。
c0286706_033040.jpg



c0286706_0235885.jpg


c0286706_033575.jpg



とてもシンプルなデザインの日用品を自ら制作しています。
それぞれの作品はミニマルなデザインなのですが、素材のセレクトが絶妙で、惹かれる魅力があります。
c0286706_033239.jpg




c0286706_023555.jpg

スタジオキイ


ぜひ、大阪と淡路島に見に来て下さい。

待ってまーす。

「穏やかな家」は、淡路島にあるオルタナティブスペースあわびで開催中

「灯びとの集い」
は、11/16,17・今週の土日に堺で開催です。

「あわびウェア」ももちろん出展しています。
[PR]

by awabiware | 2013-11-15 00:29 | 展覧会「穏やかな家」 | Comments(0)
2013年 11月 11日

堺クラフトフェア「灯しびとの集い」に出展します。

11/16,17の土日は、
大阪堺で行なわれる堺クラフトフェア「灯しびとの集い」に出展します。
お近くの方は、是非足をお運びください。

土鍋やグラタン皿を中心に出展します。
フードもおいしいイベントですよー。
http://www.tomoshibito.org/index.html

堺と言えば、千利休や武野紹鴎といった初期の大茶人のゆかりの土地。
そんな場所で抹茶碗をはじめ、あわびウェアを沢山の方に見てもらえるチャンスを頂けて大変うれしく思います。

c0286706_2321168.jpg



あわびでは展覧会「穏やかな家」が開催しています。こちらも宜しくお願いします。
器と家具と小さな演劇の展覧会です。
http://awabiware.exblog.jp/20927278/
[PR]

by awabiware | 2013-11-11 23:11 | Awabi ware(あわび焼) | Comments(0)
2013年 11月 11日

展覧会「穏やかな家」のご紹介

「穏やかな家」は、器と家具と小さな演劇の展覧会(展示即売会)です。
展示に来れば、穏やかな気持ちになれるという訳では有りません。
「穏やかさ」について、考えを巡らせることが展覧会のテーマです。

c0286706_23251774.gif



<穏やかさとは?>

展覧会では、自分の生活にあった器や道具を見たり買ったりする。そんな楽しみ方も、もちろんできます。
また、日用品を使ったアート作品は、わたしたちに非日常体験をもたらせてくれます。

展示してある道具や作品たちは、用途や装飾以外に余白のようなものを携えています。
少し分かり易く言えば、それは温かみや懐かしさ、物語や発見などと言うことができるかもしれません。
そんな余白のことを、ここでは「穏やかさ」と言っています。

展覧会を体験することで、何かと忙しい日常生活に「余白」を生み出したいと考えています。
私自身も、生活の中に余白を作ることを忘れがちなので。
まー、偏屈なことは考えずに、気楽にお立寄り下さい。きっと余白の意味が伝わると思います。


c0286706_23414697.jpg

安達健の緑灰釉の器
素材と対話しながら作る陶器作家・安達健の器は、土が悠久の時間をかけて生成されて来た歴史を感じさせます。
成形した土に灰を被せて焼成するという、陶芸ではあたり前の行為を、
改めて自分で発見するかのような制作の姿勢は、
焼き物を発見した原始の時代の人を思い起こさせます。


「穏やかな家」11/9〜12/23までの土日祝(12/14は休み)

http://awajibidai.net/2navi_odaie01.html

c0286706_23474768.jpg


あわびウェア http://awabiware.net/
も出品しています。
[PR]

by awabiware | 2013-11-11 00:08 | 展覧会「穏やかな家」 | Comments(0)