Awabi ware 界隈  ー陶芸家の日々のことー

awabiware.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:展覧会「穏やかな家」( 11 )


2013年 12月 29日

淡路島在住アトレウス家

アトレウス家とは、ギリシャ悲劇にでてくる家族です。
殺したり殺されたり、本当に、かなり悲劇を背負った家族なのです。
その家族が、なんと淡路島に100年の間住んでいた!という設定でした。

公演と言っても舞台はありません。演者の方は、最初のプロローグの時に5分程出てくるだけで、
あと観客の方は取り残されます。
そこからは、電話番号のヒントが書かれた紙と、携帯電話を握りしめて、
アトレウスと接触する(出会う)旅(物語)に出かけます。
c0286706_2253520.jpg

あわび校内の様々な場所(10カ所位)に設置された
電話ボックス「アトレウス テレフォン」に書かれている番号に電話をかけると、
この100年間のどこかの時点の、アトレウスの家族の誰かに電話が繋がります。
そう!現在、過去、未来に生活する、アトレウス家の誰かとお話できるのです。

c0286706_22564917.jpg

(中央の段ボールが電話ボックス ちなみに段ボールは全て淡路島特産品系。 玉ねぎ、とか。)

10カ所の電話をかけ終え、最後にかける電話番号にかけて、この物語は一応終わります。

一応、というのも一般的な演劇の公演とは少し違っていて、
公演自体を楽しんで、そこで「あー楽しかった」で終わり、というのではなくて、余韻があるのです。

きつねにつままれたような、物語の中に迷い込んでしまったような不思議な感覚や、
なんともいえない、そこはかとない感じの余韻が、終わってしばらくありました。

この公演のドラマトゥルク(こういう役職あるのですって。難しくて説明できないけど、かっこいいですね)
の長島確さん、COOLです! すごいなあ・・・!と感じ入りました。
声も素敵だし。日本のドラマトゥルクとして、各地でひっぱりだこみたいです。

アトレウス家もこの仕組みは初の試みだったようで、
すごく面白いのですが、あまりにも一般的な公演とは違うので
お客様の中には戸惑われた方もいらっしゃったかと思いますが、
余韻を楽しんでくださったとしたら嬉しいです。



最後に、神戸新聞に載せて頂いた記事より、長島確さんの言葉。


「しんどいことが多い世の中でも、無事に過ごせた一日がある。
 それが穏やかさだと思う。」


「災害や戦争は起こるが、穏やかな生活も訪れる。」



c0286706_22504711.jpg


c0286706_225052100.jpg

アトレウス家の皆様、ご来場の皆様、どうもありがとうございました。 
[PR]

by awabiware | 2013-12-29 22:57 | 展覧会「穏やかな家」
2013年 12月 27日

「穏やかな家」 Closed。

c0286706_0113018.jpg

11月9日からおこなってきた、あわびの展覧会「穏やかな家」は、
この23日を持って終了いたしました。

来てくださったみなさま、どうもありがとうございました。
お会いできて、お話できて、嬉しかったです。
また、たくさんご協力頂いた方々にも感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。
c0286706_0113542.jpg

少しだけ、日常と違った空間。
慌ただしく過ぎて行く日々の中で、
いとおしい、大切にしたいと思う瞬間やもの、というものに少し気持ちを傾けられたら・・・

皆さまそれぞれ感じ方は違うと思いますが、
そこから、眠っていたような感覚が、ふわっと起き上がってくるかもしれません。
また、今日のこの1日の穏やかさに気が付くかもしれません。
c0286706_0125385.jpg

この展覧会は、家と付いているだけあって、人の気配によって変わっていくような
時間とともに味わいが増していくような、そんな感覚を覚える展覧会でした。

誰より、私達自身が大切な気づきを頂いたような気がします。

こんな余韻に浸ってしまうのも、
最後の2日間で行われた公演「淡路島在住アトレウス家」のせい?かもしれません。

軽やかな風のように、淡路島を通り過ぎていったアトレウス家・・・その模様は次回に、つ づ く 。

c0286706_1744869.jpg

楽しゅうて やがて寂しき 祭りかな     


「穏やかな家」
http://awajibidai.net/2navi_odaie01.html


「あわびウェア」
http://awabiware.net/
[PR]

by awabiware | 2013-12-27 17:06 | 展覧会「穏やかな家」
2013年 12月 17日

メディア掲載情報

神戸新聞(12/13)と毎日新聞(12/12)に
あわびでの展覧会「穏やかな家」を掲載して頂きました。

c0286706_21554146.gif



各種メディアに取り上げられて、さぞかし賑やかになったのだろうと思いきや、
会場はいたってのんびり、穏やかーに、鑑賞頂いています。

「穏やかな家」は、日用品(生活道具)の展覧会です。
また、そんな生活道具を素材に、一風変わったアート作品や
感動的な映像作品(クワクボリョウタ氏の作品)も展示されています。

クライマックスには、東京で密かに話題となったアトレウス家プロジェクトの
淡路島バージョン「淡路島在住アトレウス家」が上演されます(要予約)。

当たり前に過ぎ去って行く時間の流れを、少ーし変化させてみませんか。
あわびに楽しい発見や感動があるかもしれません。

c0286706_21554674.gif





あわびウェアのホームページはこちらから

[PR]

by awabiware | 2013-12-17 21:57 | 展覧会「穏やかな家」
2013年 12月 15日

「お茶の会 vol.3」の様子 12/15

展覧会「穏やかな家」のイベントとして、
「お茶の会vol.3」開催しました。

c0286706_20432456.gif


前回のお茶の会vol.2は、引き立てコーヒー。
お客さんが次ぎに来るお客さんのために豆を挽き繋ぐというものでした。
元スターバックス店員の方が来てくれて、皆にコーヒーを入れてくれたり
新たなコミュニケーションが面白い形で重なり合いました。

そして今回は、お抹茶です。
お点前は、鳥井直樹さん。
裏千家淡路島の青年部部長をされています。
c0286706_20434223.jpg


c0286706_204338100.jpg


ご近所の人や、旅行者、出品作家の梅本夫妻など、
色んな方が一期一会の出会いを楽しんでいるようでした。
穏やかさと一言で言っても、色々です。お抹茶に触れたことのない人にとって
抹茶を飲むことは非日常体験です。いつもとは違った時間感覚を感じることになったのではないでしょうか。

c0286706_20434589.jpg


展覧会「穏やかな家」は、あと12/21〜23の三日間になりました。
見逃している方は、お急ぎ下さい。
また、12/22,23と上演される「淡路島在住アトレウス家」は、予約が必要です。
22日は、チケットにまだ余裕があります。
23日は予約多数で締め切っていましたが、追加公演も考えていますので、ホームページでご確認下さい。

淡路島在住アトレウス家
http://thoa.gr/projects/awajishima
[PR]

by awabiware | 2013-12-15 21:19 | 展覧会「穏やかな家」
2013年 12月 02日

「お茶の会 vol.1」の様子 12/1

あわびでの展覧会「穏やかな家」では、
「お茶の会」というイベントを開催しました。

12月8日と15日の日曜日にも「お茶の会」vol.2,3を行ないます。
普段着のままで、気楽にお立ち寄り下さい。


c0286706_2103933.jpg

点前は、庵原涼子さん。今月から淡路島に移住されました。

c0286706_21048100.jpg

楽久登窯の蓋物を、茶入れに見立てて。

c0286706_2105544.jpg

しゃかしゃか、釈迦釈迦・・・
いつもとは違う時間が流れます。

c0286706_211853.jpg



c0286706_2111598.jpg

「ちょうだいいたします。」と、はじめてのお抹茶。熱くて苦かったようです。でも全部飲み干して。
「まずい!!」の一言


c0286706_2111859.jpg

一口飲んで、「いらない。」と一蹴
こんなでも、お点前には、興味津々で見つめていました。
何か美味しいものを作ってくれていると思っていたのでしょう。

c0286706_2112458.jpg

茶溜まりの景色がいい感じです。
14年前学生の頃に作った楽茶碗です。僕20歳そこそこ


c0286706_2135486.jpg

最近の作品


展覧会「穏やかな家」
は、まだまだ続きます。

あわびウェアのホームページはこちら
[PR]

by awabiware | 2013-12-02 21:23 | 展覧会「穏やかな家」
2013年 11月 25日

「穏やかな家」出品作家紹介

「穏やかな家」出品作家の紹介です。

今日は、陶器作家の安達健さんです。

岐阜で作陶に励む安達健さんは、
掘り出したままの粘土である原土(げんど)を好んで使います。

c0286706_2013993.jpg



素材と親密に対話をするように作る安達さんの器は、
土が悠久の時間をかけて生成されて来た歴史を感じさせます。

成形した土に灰を被せて焼成するという、陶芸ではあたり前の行為を、
改めて自分で発見するかのような制作の姿勢は、
焼き物を発見した原始の時代の人を思い起こさせます。

c0286706_20132318.jpg



展覧会「穏やかな家」では、時間の流れがひとつのテーマになっています。
日常とは違う時間の流れ方を感じる方もいるかもしれません。
また、器や作品を見て、それらに宿る時間を感じることができるかもしれません。

12/1には「お茶の会」という抹茶を楽しむイベントもあります。
会場に来て、いつもと違う時間感覚をお楽しみ下さい。

c0286706_2031312.gif


穏やかな家website

http://awajibidai.net/2navi_odaie01.html

[PR]

by awabiware | 2013-11-25 20:33 | 展覧会「穏やかな家」
2013年 11月 24日

「お茶の会」開催12/1

「穏やかな家」関連イベント
<お茶の会>を開催します。12/1(日)13:00〜

お点前は、庵原涼子さん
お若く見えますが、お点前には年期が入っています。

普段着のままで、美味しいお抹茶とお菓子をお楽しみ下さい。
なんと!参加無料。お茶碗や空間など、ほかにも見所もいっぱいです。

c0286706_22123194.gif


「穏やかな家」は、展覧会会場自体が、お茶室のような機能を果たします。
あわび入口から露地を抜けてもう1つ門をくぐって展示会場に向かっていく様は、
少し変わった市中の山居のようです。

抹茶を飲んだことがない。とか、作法が分からない。とか、そんなことは気にしないで、
普段着のまま、ご来場下さい。きっとそれぞれの楽しみ方が見つかるはずです。


アクセス情報
http://awajibidai.net/access.html


「穏やかな家」
http://awajibidai.net/2navi_odaie01.html


あわびウェアのサイトはこちら
http://awabiware.net/
[PR]

by awabiware | 2013-11-24 22:25 | 展覧会「穏やかな家」
2013年 11月 20日

「穏やかな家」出品作家紹介

現在あわびでは、器と家具の展覧会「穏やかな家」を開催中です。

現在、数回に分けて出品作家を紹介しています。
今回は淡路島で楽久登窯として活動する陶工・西村昌晃さんです。
本展では、蓋物を中心に出品してもらっています。

c0286706_203797.jpg


c0286706_20363823.jpg


c0286706_20363084.jpg



西村さんは、民窯を代表する丹波立杭で修行後、淡路島に築窯しました。
土づくり、釉薬づくりと淡路島で採取した原料を使って堅牢な器づくりに励んでいます。
彼は、器を媒体に全方位的に活動する仕掛人でもあります。
そんな活動の全貌は、こちらからご覧頂けます。
http://rakutogambook.jugem.jp/

c0286706_20361154.jpg


民藝の地で修行をした楽久登窯の器には、懐かしさとともに穏やかさも内在しているように思います。


現在あわびでは、器と家具の展覧会「穏やかな家」を開催中です。
会期は12/23までの土日祝です。

c0286706_20593550.gif



12/22,23には東京で密かに話題となった演劇プロジェクト「アトレウス家」の上演が行なわれます。

詳しくはコチラ、
http://awajibidai.net/2navi_odaie01.html
[PR]

by awabiware | 2013-11-20 08:43 | 展覧会「穏やかな家」
2013年 11月 15日

「穏やかな家」作家紹介と「灯びとの集い」

今週の土日は、あわびで「穏やかな家」開催してます。
また、大阪で堺クラフトフェア「灯びとの集い」に出展します。

「灯びとの集い」には、穏やかな家にも出品中のスタジオキイ・梅本さんも出展しています。

和歌山で制作されている梅本さん。
c0286706_033040.jpg



c0286706_0235885.jpg


c0286706_033575.jpg



とてもシンプルなデザインの日用品を自ら制作しています。
それぞれの作品はミニマルなデザインなのですが、素材のセレクトが絶妙で、惹かれる魅力があります。
c0286706_033239.jpg




c0286706_023555.jpg

スタジオキイ


ぜひ、大阪と淡路島に見に来て下さい。

待ってまーす。

「穏やかな家」は、淡路島にあるオルタナティブスペースあわびで開催中

「灯びとの集い」
は、11/16,17・今週の土日に堺で開催です。

「あわびウェア」ももちろん出展しています。
[PR]

by awabiware | 2013-11-15 00:29 | 展覧会「穏やかな家」
2013年 11月 11日

展覧会「穏やかな家」のご紹介

「穏やかな家」は、器と家具と小さな演劇の展覧会(展示即売会)です。
展示に来れば、穏やかな気持ちになれるという訳では有りません。
「穏やかさ」について、考えを巡らせることが展覧会のテーマです。

c0286706_23251774.gif



<穏やかさとは?>

展覧会では、自分の生活にあった器や道具を見たり買ったりする。そんな楽しみ方も、もちろんできます。
また、日用品を使ったアート作品は、わたしたちに非日常体験をもたらせてくれます。

展示してある道具や作品たちは、用途や装飾以外に余白のようなものを携えています。
少し分かり易く言えば、それは温かみや懐かしさ、物語や発見などと言うことができるかもしれません。
そんな余白のことを、ここでは「穏やかさ」と言っています。

展覧会を体験することで、何かと忙しい日常生活に「余白」を生み出したいと考えています。
私自身も、生活の中に余白を作ることを忘れがちなので。
まー、偏屈なことは考えずに、気楽にお立寄り下さい。きっと余白の意味が伝わると思います。


c0286706_23414697.jpg

安達健の緑灰釉の器
素材と対話しながら作る陶器作家・安達健の器は、土が悠久の時間をかけて生成されて来た歴史を感じさせます。
成形した土に灰を被せて焼成するという、陶芸ではあたり前の行為を、
改めて自分で発見するかのような制作の姿勢は、
焼き物を発見した原始の時代の人を思い起こさせます。


「穏やかな家」11/9〜12/23までの土日祝(12/14は休み)

http://awajibidai.net/2navi_odaie01.html

c0286706_23474768.jpg


あわびウェア http://awabiware.net/
も出品しています。
[PR]

by awabiware | 2013-11-11 00:08 | 展覧会「穏やかな家」