「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:畑の贈り物( 21 )


2015年 03月 30日

新玉ねぎ

朝早く、「岡本さーん」と玄関から呼ぶ声が、布団の中の僕。いつもスミマセーン。。。
畑を借りている地主さんから定期的に届くお野菜。今が旬の新玉ねぎに限っては、5日間隔で食べ終わった頃に、何度も届きます。
畑を借りて、自給自足なんて言ってたけれど、そんな肩肘張らずとも、自給的な生活があったりして。
淡路島、玉ねぎはこれからが旬ですよ。
そんなのだから、うちの畑では、数種類の好物の作物だけを植えています。ビールに合うものを。
c0286706_23172400.jpg
c0286706_23174395.jpg

[PR]

by awabiware | 2015-03-30 23:18 | 畑の贈り物 | Comments(0)
2015年 03月 20日

初収穫

春ですね〜。
三年目にしてアスパラ初収穫。味濃くて美味しいです。しかし、株の半分が消滅していました。どこに行ったのだろう。
季節になると出てくる、アスパラやニラ、アサツキなどなど、ほっとけばほっとくほど、香りが強く美味しい気がします。

c0286706_08453389.jpg

[PR]

by awabiware | 2015-03-20 08:47 | 畑の贈り物 | Comments(0)
2014年 06月 26日

にんにくんとジャガ子。

c0286706_2314542.jpg

夫が(イノブタにやられながらも)可愛がっていたニンニク。収穫。

c0286706_2314850.jpg

可愛がりきれずに、途中から自立を促した私のジャガ(男爵&レッドムーン)。収穫初め。
よくがんばったね、えらいね、世話できなくて、ごめんね。

実ればそれは嬉しく、
互いに自分の子を自慢し合い、褒めそやす、
相手の子は「へー、ふーん、いいね。」とあくまでクール。

お口にはいってしまえば同じ、美味しい美味しいハ〜モ二〜〜♪
[PR]

by awabiware | 2014-06-26 23:17 | 畑の贈り物 | Comments(0)
2014年 04月 04日

種のおすそ分け

醤油づくりのかたわらで
Y姉さんから自然農自家採取の種を頂きました。

クレソン、白オクラ、長カボチャ、沖縄れいし、などなど

c0286706_2328511.jpg


固定種を年々繋いでいる種なので、淡路島の気候に順応した品種になっている事でしょう。
経験を積んでくれば、みなで種の交換会ができれば贅沢だなあと思っています。

みんな、自家採取の種は、蒔いてみるまで発芽率が良いのか悪いのか分からず不安なので
種の交換に億劫になっているように感じます。
うちで採取した種は、発芽率は低いものの健康に収穫できています。

淡路で伝統野菜というものはあまり聞きませんが、
これから新たに種を繋いでいくことで、淡路の伝統野菜が生まれてくるのではないかと思います。

積極的に種の交換は行ないたいものです。
というのも固定種や在来種の種を、買うのは結構な支出になります。スーパーや自然食品店で野菜を買っている方が、正直安いのでは?!というような事もなきにしもあらず・・
しかし!そんな事よりもっと重要な事があるのです。

c0286706_23284959.jpg


自然農の田畑は、それはそれは美しく、いつも見とれてしまいます。

そんな田畑の美しさが、器制作へ繋がれば、なーんて日々模索は続きます。



姫路のフウカさんでの展示も4/5が最終日です。

<展示詳細>
日時:3/28〜4/5(4/2休み)11:00〜19:00 

場所:花+器_楓薫(フウカ)〒670-0029姫路市嵐山町10-3(tel:079-227-4517)
http://huuca.com/huukanokoto.html


あわびウェア
http://awabiware.net/
[PR]

by awabiware | 2014-04-04 23:46 | 畑の贈り物 | Comments(0)
2014年 01月 08日

早起きは三文の徳

寒い寒い日々が続きます。

僕は、いつも子供なんかより、遅く起きてきます。

母に叩き起こされているこどもたちからブーイングをうけそうですが、
朝ご飯を食べるのが子供達より早いという、理由で子供達を納得させています。

実際に、子供達は、何も注意をしなければ、永遠に遊びながら食べつづけていることでしょう。

そんな毎日ですが、

たまに早起きできるときがあります。
(一応毎日の目標は5時起床なのですが・・・)

そんな朝は気持ちがいい。
何とも日の出が拝めたり、いいこともある。

畑に降りて、朝の味噌汁の具を収穫する余裕だってある。

「これが生きる喜びだー」なんて心で叫んだりもしている。
同時に、これが生きる喜びだー、と思い込もうと努力もしているのだ。

でも実際に、収穫したものはたいしたものだ、
とっても美しい。

c0286706_2250359.jpg

短い大根は、使いきりタイプで重宝します。

明日早起きしましょう!
早起きは三文の徳!
[PR]

by awabiware | 2014-01-08 22:58 | 畑の贈り物 | Comments(0)
2013年 12月 30日

緑米収穫

12月初め、少しおそくなった稲刈りをおえて古代米の緑米(もち米)をはざがけ。

c0286706_23552726.jpg


c0286706_23552962.jpg


c0286706_23553391.jpg

新年の餅になる予定。
コタツにみかんとお餅。正月はこれにかぎりますなー。
僕はお餅は砂糖醤油派でしたが、
最近邪道な人に
海苔バター醤油なるものを教えてもらって食べたら、とても美味しかったです。
でもバターのとり過ぎには気をつけて。


c0286706_23553137.jpg

ほたる「るる−、るるるるー」の図

この地で佇む八重の姿は、まるで
「北の国から」を思わせます。
そして、僕のなまえは、ゴローではなく「じゅん」なのでした。
[PR]

by awabiware | 2013-12-30 23:57 | 畑の贈り物 | Comments(0)
2013年 12月 05日

「ひと皿のお話」

昨夜は、珍しく夫と2人で素敵なイベントに参加してきました。

お世話になっている洲本の233でおこなわれた「ひと皿のお話」というイベント。

農家さんと料理人の方達の、ひと皿に込められた思い。
それを紡ぎだしていく過程で大切にしていきたいことを、
農業のお話を通じて、皆で美味しいお料理を頂きながら、楽しく語り合いました。

c0286706_10432322.jpg

花岡さんのお米と共に
あわびの「穏やかな家」の紹介もさせて頂いています。

c0286706_10431894.jpg

映画「お米がたべられなくなる日」を鑑賞。厳しくもリアルな内容に、一同考えさせられます。
それは現実に起こる、まさに明日の私たちの食卓のことなのです。

農家さん達のお話を聞きつつ、ディナータイム。
お料理は南あわじ市にある南海荘の竹下さん。
とびきり美味しいお料理を、センスよく出してくださいます。

c0286706_10432968.jpg

淡路島西洋野菜園の柴山さんの、珍しい西洋野菜15品のサラダ。すっごく美味しいのです。
そして本人同様、野菜も畑もお洒落☆

c0286706_10434043.jpg

花岡農恵園の花岡さんが作った合鴨農法の無農薬有機玄米と、天然トラフグのリゾット。
味付けはシンプルに塩だけで、素材の美味しさが十分に引き出されていてなんとも美味。
お皿は、Awabi wareの輪花皿を提供させていただきました。マッチしていて嬉しい。

c0286706_10433420.jpg

こちら、花岡さんのお米作りで働いてくれた合鴨のステーキ。ありがたく頂きます。
やわじゃない、食べごたえがあって、噛みしめるたびに美味しかったです。
こちらと、ろうそくのお皿もAwabi 〜。

食べ物を作る人、料理をする人、器をつくる人、空間をつくる人、
その全ての顔が見える中でのひと皿、ひと皿は、本当に輝いていました。
今の日本では、なによりの贅沢と言っていいかもしれません。

映画を見た後、お話を聞いた後、お料理を頂いた後、それぞれに感じた気持ちを
流さずにじっくり味わっていこう。そう思います。
明日は、田んぼへ。緑米の、最後の稲刈りです。

c0286706_10432630.jpg

233のギャラリースペースにはAwabi wareも置いて頂いています。

233では、今週7日からお昼ご飯が始まるそうです(土。日のみ)。
温かい空間に、どうぞお立ち寄り下さい☆








[PR]

by awabiware | 2013-12-05 11:30 | 畑の贈り物 | Comments(0)
2013年 10月 18日

もう、やられませんように。

5日ぶりに淡路島に帰ってきて、まず安堵したのは畑がやられていなかったことでした。

出発する前日、畑がイノブタ一家の襲来を受け(主にサツマイモ)、ショックを受け、
急遽、鉄でできたワイヤーメッシュを張る&海苔網作戦が、功を奏したのだと思います。

でも、イノブタは結構ジャンプするとも聞くし、この水際でいつまで食い止められるか・・・、
毎朝、祈るような気持ちで畑を見に行っています。

家の中ではねずみから食べ物を守り、
外ではイノブタ・・・。
田舎に住むのもなかなか大変です。

でも、今のところ畑の野菜達はすくすく育っています。
この時期の王様は茄子!うちは秋に立派なのがたくさんできます。美味しいよー

c0286706_1747484.jpg

子供の植えたゾーンには、イノブタから守るためといって、
2人で鬼のように棒を挿していました。
c0286706_17542546.jpg

夫がニラをこよなく愛しているので、長い間楽しめています。畑の女王様。
c0286706_2238331.jpg

朝取り野菜を友達におすそ分け。










[PR]

by awabiware | 2013-10-18 17:57 | 畑の贈り物 | Comments(0)
2013年 09月 08日

ナンキンとられて、やってきて。

悲しいとき (悲しいとき)  イノブタにナンキンを食べられたときー
悲しいとき (悲しいとき)  イノブタにサツマイモを食べられたときー


今年の夏、あまり雨が降らなかったこともあり、苦戦していた夏野菜達。
その中でも、カボチャ(ナンキン)とサツマイモはよく育っていたので、最後の頼みの綱でした。

それが、またしてもイノブタ一家に!!食べられてしまいました。

ナンキンはまだ若く、そんなに美味しくないだろう時に
サツマイモなんて小指ほどの太さの時に、いちいち掘り返して確認しながら食べるのです。

楽しみにしていた芋ナンキンが消えていた時の辛さ。
この辛さを夫に訴えてみるも、イモ系統にあまり愛情がないためか、薄いリアクションなのです。
(去年彼の大好きなニラをやられたときには激怒していましたが)
あまりに落ち込んでいる私を見かねて、子供達が色々なアイデアを出してくれました。(少し癒されました。)

でも、この悲しさを誰かとちゃんと悲しむには、同じ目にあった人と話すしかないのです。
山が近いこの辺りの農家さんは、今まで何度もイノブタ被害に遭っている先輩方。

なので、私は近所のおじちゃんおばちゃんと会うと、もっぱらこのイノブタ泥棒話で
互いの悲しさを吐露、共有、嘆いて、でもがんばろう、という流れで傷を癒しています。

しかも、そんな話をしていると、(しているから?)まわりからしょっちゅうナンキンを頂くのです。
有り難いことに、今うちには常に色々なナンキンが4〜5個ある状態。
まさにこれは、禍転じて福と為す状態・・・。有り難いなあ・・・。

ツルはまだ生きているので、これから出来る芋ナンキン達を、どう死守するかが課題。
周りが電柵に乗り換える中、海苔網でどこまでがんばれるのかな・・・不安。


                                                                                     H


c0286706_7322297.jpg

一番広い1号畑。山側ぐるりと海苔網を張っています。
海苔網をはずしていたところから入られた様です。

c0286706_7322429.jpg

海苔網を2重にして、下に竹を槍風にさして地味に抵抗。

c0286706_7321937.jpg

2号畑。草の中に埋もれたナンキンを、私よりうまく見つけて全部食べていました。スイカも。
ここは高さがあるので海苔網していませんでした。ジャンプできるのですね、イノブタ。

c0286706_7322681.jpg

3号小畑。サツマイモをメインに植えていましたが、やられました。
ここは今まで入っていなかったのでノーマークでした。残りをどう死守・・・。

c0286706_7322955.jpg

優しい方々からやってくるナンキン達。
[PR]

by awabiware | 2013-09-08 07:27 | 畑の贈り物 | Comments(0)
2013年 07月 26日

カレー王子と海苔巻きせんべい。

お暑うございます。

こう暑いと、料理も簡単にできるものへと、まっしぐらです。
麺類が増え、煮物が減る時期。
最近、夕飯の支度を料理しながらの片手にビールが(暑いと、つい)
炭酸水に変わったのが良い感じです。(このままではいけない気がして)

畑の野菜達も、ぐんぐんできてきています。
夏野菜キーマ風カレー。
ニンジン、玉葱、ナス、ズッキーニ、インゲン、トマト、一皿に夏が盛りだくさん。

c0286706_723611.jpg


困った時の海苔巻き。子供が大好きな1品。
あるもの色々入れます。
今回はニンジン味噌(ニンジン、カシューナッツ、ピーナッツペースト、ショウガ、味噌)がアクセント。
c0286706_7862.jpg



                      








[PR]

by awabiware | 2013-07-26 07:15 | 畑の贈り物 | Comments(0)