Awabi ware 界隈  ー陶芸家の日々のことー

awabiware.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 07日

あわび的研修旅行☆

汗をいっぱいかいて、仕事と供に走り抜いた今年の夏でしたが、
ご褒美のような、夏の終わりの6日間の旅(研修旅行)でとても満足し、
奇麗に夏とお別れすることができました。
(毎年、大好きな夏とビールを引きずるのです)

長野の「シャロムヒュッテ」、
京都と三重の境の山の上で行なわれる「山ノ上マーケット」をメインに、
作家さんの穴窯見学、ギャラリー巡り、温泉巡り、忍者屋敷見学・・・などなど
本当に素敵な場所、人、空気、物たちに出会うことができて、
大人も子供もとても充実した旅になりました。

c0286706_075281.jpg

長年ずーっと行きたかったシャロムヒュッテ。全てが素晴らしくて感動。
次回はシャンティクティにも泊まりたいな。

c0286706_021856.jpg

シャロムヒュッテで住み込みで働いているスーちゃんのお誘いで、
530(ゴミゼロ)マーケットに出店。超ほのぼのピースフル。
本当にゴミが無い!

c0286706_06227.jpg

京都の山の上の上の童仙房(どうせんぼう。陶芸をしていると皆お世話になる、あの童仙房の土が掘られていた場所)という場所に、廃校になった小学校があります。
ここで行なわれる山ノ上マーケットにボランティアで参加すべく、小学校に3日宿泊。(エキサイティング)

c0286706_031415.jpg

子供達が超お目当てにしていたワークショップ。サンキャッチャー作り。に、一番乗り。
山ノ上マーケットも大盛況で雰囲気もよくて、フードの充実っぷりには歓喜◎
友達の陶芸家、安達健くんや
Awabi wareを使ってくださっている串揚げ万年青おもとさんも出店されていました。

c0286706_045214.jpg

夜は夜で楽しいのです。こちら真夜中、丑三つ時のピアノの調律レッスン中。 元音楽室。
素晴らしい音を奏でる内田輝氏による「音の成り立ち」についてのレクチャーに鳥肌!

c0286706_054134.jpg

こちら、ずっと行きたかった三重のギャラリー「yamahon」。
スレートの倉庫の中は美しく、凛とした空気。1番好きなお店になったかもしれません。
幸運にも、オーナーの山本さんに色々お話を聞くことができました。


最後に・・・
c0286706_035968.jpg

私たちに会いに、突然夜の小学校に襲来したアーティスト中崎透氏。
楽しくお酒を飲み交わし、早朝に去っていったアクティブすぎる透氏・・・。
彼が子供たちに残して行った置き絵。
「とりやまあきら」とはっきりサインをしている下に、さりげなく自分のサインを残しています。
[PR]

by awabiware | 2014-09-07 01:55 | 日々のこと


<< ムンムンムーン      雨の色ワークショップ >>