Awabi ware 界隈  ー陶芸家の日々のことー

awabiware.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 27日

結婚、そして母になる。

気持ちよく晴れ渡る空のもと、
伊弉諾神宮で友人のチイちゃんが、結婚式を挙げました。
c0286706_205243.jpg

日本最古の社といわれる伊弉諾神宮での大前婚儀。
厳かで、すごく良い雰囲気。
c0286706_205581.jpg


東京にいた頃、故・林弘子先生のパン教室で出会ったチイちゃん。
東京で、平屋の庭で、普通に蜂を飼って蜂蜜を採っていたチイちゃん。

呼んだ訳でもなく、奇跡のような偶然で淡路島にやって来て、
まさかこの地でお嫁にいくなんて、あの頃、想像もできませんでした。

そんなチイちゃんを見ながら、
8年前の5月5日に、私たちもここで同じように挙げたことを思い出して、
しみじみ、皆色々良かったなあ・・・、と穏やかな気持ちに満たされていました。

チイちゃんのお母さんから、「心強いです。あの子をよろしく頼みます。」と言われて
その瞳の奥には涙があって、なんか、ぐっと責任感が込み上げて来て
一緒にしっかりしよう、離れて東京に暮らすお母さんに心配かけられないよね、チイちゃん!
と思う。


挙式を見た後、急いであわびに帰ってギャラリーをOPEN。

間もなくいらしゃった、大阪から旅行中の、可愛い若い女性お2人連れ。

彼女達が、それぞれ選んだ物を「これ、ちょっと贈り物にしたいんです」と
すごく嬉しそうに言って来られました。
包装しながら、色々お話をしていて知ったのは、とても心温まるお話でした。

お2人はこの春に就職したてで、先月初めてお給料をもらったということ。
その初任給で、絶対お母さんにプレゼントを買いたかったということ。

栗色に染まった艶のある髪を奇麗にカールして、とびきり今風のお洒落をして、
颯爽とスポーツカーに乗っていらっしゃったお2人の職業は、
助産師さんだったということ。

助産師さんには並々ならぬリスペクトがある私は、(第2の母は助産師さん)
本当にキラキラ光る笑顔のお2人を、むやみやたらと激励し、
そのお母さんへプレゼントのくだりもあって、一人涙ぐんでいました。

お母さんと娘の素敵な関係を見た、
とても幸せな一日でした。

c0286706_2051076.jpg

[PR]

by awabiware | 2014-04-27 21:14 | 日々のこと


<< とある奥様の昼食。      体を守る、旅のお供。 >>