Awabi ware 界隈  ー陶芸家の日々のことー

awabiware.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 18日

真夏に制作「土鍋君」

寒い時期、初冬辺りから活躍する土鍋。
そんな土鍋を冬に使ってもらうなら、秋には、完成してなければいけません。
ということは、土鍋を作るのは真夏ってことにっ・・・。

今年の夏は、記録的な暑さ。そんな猛暑の中、鍋を囲む風景を想像しながら土鍋をせっせと、、、つくっています。
時には、「夏に土鍋づくりなんてナンセンスだー」っと制作意欲が減退することも。
しかし、冬に土鍋づくりをするとなると完成するのは、春です。お店に出るのは夏前です。夏に土鍋買う人は、よっぽど先見の明がある人だけ。

今、作るしかないのです。
試作品を、真夏に煮炊きしながら、試行錯誤。
おかげで
とても、ほっこりなる土鍋が出来ましたよー

c0286706_2262314.jpg

http://awabiware.net/


名付けて「Pata pata」

パタリロではないよ。パタパタ。


用に即したミニマルなデザインが、最も優れたものだと思っていたこともあったけれど、
最近意識するのは、縁起ものという考え方や、あたたかみ、愛嬌、贈り物、賜りものなどという
用途以外の物語。
この土鍋も、そんなあたたかみという思いが入っているし、何てったって愛嬌があります。

c0286706_2263449.jpg

[PR]

by awabiware | 2013-09-18 02:33 | Awabi ware(あわび焼)


<< 土鍋「Pata pata」      ときどき、至福のランチ◎ >>