Awabi ware 界隈  ー陶芸家の日々のことー

awabiware.exblog.jp
ブログトップ
2013年 08月 16日

「 串揚げ 万年青 おもと 」さんオープン

京都、大徳寺のほど近くに、串揚げ「万年青 おもと」さんが先月オーープンされました。
c0286706_9363264.jpg


クラフトフェアでお会いしたご縁で、Awabi wareの色々な器をお店で扱って頂いています。
オーナーのご夫婦もお店も、とっても素敵な万年青さんにお選び頂いて、嬉しく思っています。
(最初、おもとと読めなくて、まんねんあおさんと読んでしまっていました。そのまんま・・・)

万年青は、いつまでも青々と繁る植物の名前。
お名前にちなんで、青磁の色の器を中心にご注文頂きました。
c0286706_9364143.jpg

Awabiの八角小皿。美味しいものを乗せられて、嬉しそうです。

写真は先日、納品を兼ねて美味しい串揚げを一人食べて来た、夫のショット。
20年串揚げ屋さんで修行を重ね、今回独立されたオーナーのお料理は、
繊細且つとっても美味しかったそうです。

c0286706_9363710.jpg

c0286706_956559.jpg


なんというシュッとさでしょう。こんな美しい串揚げ屋さん知りません。
串揚げといえば新宿の赤提灯、立ち飲み屋以来ご無沙汰な私は(オッサンですね・・・)
次回は必ず・・・、と唇を噛み締めています。

串揚げがストップというまで出て来るコース、5000円程度
串揚げとご飯とお味噌汁と梅干しなどの定食、2500円程度(お味噌も梅干しも自家製☆)
など、色々なシーンで楽しめそうなお店です。

皆さんも機会ありましたら、是非一度、お出かけください☆
万年青さん、素敵ですよ。
                                                                               H
    
c0286706_9364716.jpg


                                                                                                             
 
[PR]

by awabiware | 2013-08-16 10:06 | Awabi ware(あわび焼)


<< 「小さな生活、大きな生活。」始...      今年も梅干しできました◎ >>